白髪染めで、頭皮がかぶれる原因はいろいろありますが、頭皮が弱っている、生理中など、体調が万全じゃない時に白髪染めをすると頭皮が荒れやすいといわれています。

体の体調も当然ですが、頭皮が健全な状態で白髪染めをすることが、白髪染めでかぶれない予防策なのです。

そこで、白髪染めでかぶれないように予防するための、意外な方法についてお話します。


<目次>
・白髪染めでかぶれないようにする意外な予防方法とは?

・はちみつを使った頭皮ケアの方法とは?

・頭皮にやさしい!かぶれにくい白髪染め!

 

白髪染めでかぶれる原因で多いのはコレだった!

白髪染めでかぶれないようにする意外な予防方法とは何でしょか?

実は、はちみを使って頭皮のケアをすると、頭皮も髪も健康な状態を維持できるのです。

 

はちみつには、いろんな栄養成分が含まれています。

その中で、ビタミンB群、ビタミンE群は、髪の毛の主成分であるタンパク質の合成を活発にする働きがあります。

さらに、活性酸素を制御する働きもあるので、頭皮を保護し、頭皮の酸化を防いでくれます。

これらの働きが、毛母細胞の分裂を活性化させ、頭皮と髪の健康状態を保つのです。

 

気を付けたいのは、はちみつアレルギーです。

はちみつが食べられるからといって、はちみつアレルギーじゃないといいきれません。

はちみつは、口からより皮膚からの方が吸収が早いので、必ずパッチテストを行なってから使用してください。

パッチテストのやり方は、紫外線が当たりにくい、腕の内側のやわらかい部分に少量つけて、6時間ぐらい様子を見て、赤くなったり、かゆみがでないか確認しましょう

 

では次の項で、はちみつを使った頭皮ケアの方法についてお話します。

はちみつを使った頭皮ケアの方法とは?

はちみつを使った頭皮ケアの方法は様々ですが、2つの方法を紹介しましょう。

まず、はちみつをそのまま使ってケアする方法です。

1.ブラッシングを丁寧にする
2.頭皮、髪の毛全体を濡らす
3.はちみつを少量手に取り、髪の毛の生え際からトップに向けて揉みこむ
4.はちみつを少量手に取り、生え際からつむじに向けて揉み込む
5.指の腹でゴシゴシとこするようにして洗う
6.シャワーを流しながら指の腹を使い念入りに皮脂や汚れを洗い流す。(お湯の温度は40度~44度くらい)

細かく、小刻みに生え際からトップへ向かい動かしていくのがポイントです。

 

次にシャンプーとはちみつを混ぜてケアする方法です

1.お手持ちのシャンプー剤を手の平に出したら、はちみつも小さじ1程度出して手の平の上で混ぜ合わせる。

手の平上でやりにくい場合は、小皿の中で混ぜるやりやすいです。

2.手の平で泡立ててから頭皮につけてシャンプーする。

濃度のあるシャンプー剤をそのまま頭皮につけるのではなく、手の平でしっかりと泡立ててから頭皮につけましょう。

3.シャンプー後は頭皮に残らないようにシャワーでしっかりとすすぐようにする。

以上が、はちみつを使った頭皮ケアの方法です。

 

白髪染めで、頭皮のかぶれに悩んでいる方は、一度試してみては如何でしょうか?

 

▼頭皮サイクルの乱れを整える美容液で「誰にも言えなかった悩み」を解消できる♪

 

 

もっと簡単に、白髪染めによるかぶれを回避するなら、白髪用カラートリートメントがおすすめします。

白髪用カラートリートメントは、トリートメントしながら染めていく白髪染めです。

頭皮に優しい成分が配合されているので、頭皮のかぶれにお悩みの方には最適です。

それでは次の項で、頭皮にやさしい!かぶれにくい白髪染めを紹介します。

頭皮にやさしい!かぶれにくい白髪染め!

 

頭皮にやさしい!かぶれにくい白髪染めといえば、頭皮に優しい成分が配合されているカラートリートメントです。

その中でも一押しは、白髪染め「マイナチュレ」です。

白髪染め「マイナチュレ」は、@コスメ「ベストコスメアワード2018 上半期新作 カラトリ部門 第1位」を受賞した商品です。

白髪染め「マイナチュレ」の染料は、塩基性染料とキューティクルの隙間から入り込み内側から発色するタイプのHC染料を使用し、より艶やかで高彩度な髪色に仕上げます。

さらにアシタバ葉やウコン根などの天然染料も配合し、気になる色落ちを防ぐ褪色効果もあります。

もっと詳しく「マイナチュレ」について知りたいなら!

こちら→「なぜ、白髪染め「マイナチュレ」は頭皮の弱い人に選ばれるのか?」





このページの先頭へ