どうしても白髪が目立つので、白髪染めをしないといけない人っていますよね。

そんな方の中には、白髪染めをするたびに、頭皮のトラブルで悩やまされている方もおられるでしょう。

白髪染めは、どうしても頭皮に刺激を与えます。

ですから、どうしても白髪染めをしないと駄目な人は、できるだけ頭皮の負担をかけない方法で染めたいものです。

そこで、頭皮の影響を最小限にする白髪染めの方法についてお話します。


<目次>
・白髪染めでかぶれる原因で多いのはコレだった!

・薬剤を頭皮からキレイにしっかり落とすやり方とは?

・頭皮にやさしい!かぶれにくい白髪染め!

 

白髪染めでかぶれる原因で多いのはコレだった!

白髪染めでかぶれる原因で、多いのはなんだと思いますか?

実は、薬剤の洗い残しなのです。

洗い落としているつもりでも、結構薬剤が残っていることが多いようです。

 

このサイトの→美容院がやっているアレルギー対策!美容師に聞いてみた!!でも説明していますが、白髪染めのアレルギーは、薬剤の物質が体内に溜まり、それが限度を超えて発症するのです。

 

しっかり洗い落とせていない薬剤が、頭皮に溜まり、限度を超えてアレルギーを発症します。

 

白髪をきれいに染めるポイントは、根元をきれいに染めるかどうかといわれます。

ですから、根元のあたりに、たっぷりとカラー剤をつけます。

これは、頭皮にたっぷりと薬剤を着けているのと同じですから、最後はキレイに落とさないと、薬剤は頭皮に残ってしまうのです。

ですから、できるだけ頭皮に薬剤を残さないようにすることが大切です。

 

一度アレルギー症状がでれば、その白髪染めはもちろん、その類似商品も使えなくなることがあります。

ですから、類似商品を使う時は、必ずパッチテストを行なってから使用するようにしましょう。

 

では、薬剤を頭皮からキレイにしっかり落とすやり方について次の項でお話します。

薬剤を頭皮からキレイにしっかり落とすやり方とは?

頭皮に残った薬剤をきれいに落とすには、洗い流す前に乳化すると良いです

乳化するとは、洗い流す前に、少しお湯で頭を濡らして薬剤を2〜3分間優しく揉み込むのです。

 

乳化をする事によって、薬剤を全体になじませてムラに仕上がるのを防ぐ効果や色の定着をよくする効果、そして薬剤をキレイに落としきることができるのです。。

 

この時は、必ず手袋をつけましょう。

爪が染まったり、手荒れの原因にもなりますから、素手であまりカラー剤を触らないことが賢明です。

 

乳液の目的は、頭皮に染まってしまった染料を落とすため、または染毛直後で毛髪表面にある不安定な染料を落としきるために行います。

頭皮・地肌に付いた薬剤は、すぐにシャンプーしても落ちにくいです。

ですから、ヘアカラーのクリームにお湯等を少しミックスさせて、軽くマッサージすると頭皮・地肌に残っている薬剤がなじみ、染料が地肌から落ちるのです。

 

ぜひ、白髪染めでかぶれが心配な方、白髪染めをやるたびに頭皮が赤くなったり、かゆくなる方は、一度試してみたは如何でしょうか?

 

もし、これ以上使い続けてアレルギーが心配という方は、白髪用カラートリートメントをおすすめします。

白髪用カラートリートメントは、トリートメントしながら染めていく白髪染めです。

数年前までは。トリートメントは染まりにくいとの声も多かったのですが、最近のカラートリートメントは、染まりやすく、しかも無添加で肌荒れしにくい成分を使用しています。

それでは次の項で、頭皮にやさしい!かぶれにくい白髪染めを紹介します。

頭皮にやさしい!かぶれにくい白髪染め!

 

頭皮にやさしい!かぶれにくい白髪染めといえば、頭皮に優しい成分が配合されているカラートリートメントです。

その中でも一押しは、白髪染め「マイナチュレ」です。

白髪染め「マイナチュレ」は、@コスメ「ベストコスメアワード2018 上半期新作 カラトリ部門 第1位」を受賞した商品です。

白髪染め「マイナチュレ」の染料は、塩基性染料とキューティクルの隙間から入り込み内側から発色するタイプのHC染料を使用し、より艶やかで高彩度な髪色に仕上げます。

さらにアシタバ葉やウコン根などの天然染料も配合し、気になる色落ちを防ぐ褪色効果もあります。

もっと詳しく「マイナチュレ」について知りたいなら!

こちら→「なぜ、白髪染め「マイナチュレ」は頭皮の弱い人に選ばれるのか?」





このページの先頭へ