白髪染めをした後に、頭皮のかゆみや赤みなどで困ったことはありせんか?

それって、白髪染めによるアレルギーなんです。

アレルギーは、免疫反応が特定の抗原に対して過剰に起こることをいいいます。

要するに、白髪染めに配合されている、薬剤を排除しようとする働きが、アレルギー症状となって表れるのです。

そこで、白髪染めによるアレルギーをなくす方法についてお話します。


<目次>

・白髪染めによるアレルギーをなくすには?

・白髪染めでアレルギーを起こさない方法をご存知ですか?

・白髪染めでヘナを使えばアレルギーは起こらない?その真相とは?

・白髪染めでアレルギーにならない!美容院がやっていること!!




白髪染めによるアレルギーをなくすには?

ほとんどのサイトに書かれている、白髪染めによるアレルギーの原因は「ジアミン」と説明しています。

「ジアミン」は、発色効果を高めてくれる作用があり、特に濃い色素が必要とされる白髪染め系カラー剤に多く配合されています。

しかし、多くの人はアレルギーを感じていないようです…。

 

ほとんどの方は、軽度の症状しか起こっていないので、アレルギーとは気づかずに使い続けてる方がほとんどなのです。

軽度のジアミンアレルギーは、ジリジリするような、なんとなく違和感があるような、何とも言えない状態を皮膚に感じる程度の症状ですから、あまり気にならないのです。

しかし、薬剤のアレルギーは、蓄積されて症状がでてくるので、急に重度なアレルギーに見舞われます。

 

では、白髪染めによるアレルギーをなくすにはどうすればいいのでしょか?

 

まずは軽度なアレルギー反応を見逃さないことです。

軽いかゆみやかぶれがでていれば、その薬剤は使わないようにするとか、頭皮にできるだけ、薬剤を着けないように白髪染めをすることなど、常にアレルギーを意識しておくことが大切です。

 

また、ノンジアミンカラーと呼ばれるカラー剤を使用することです。

代表的なものといえばヘアマニキュア、ヘナ、カラートリートメント、脱色剤・脱染剤があります。

 

この中でも最もおすすめなのがカラートリートメントです。

カラートリートメントは、通常のヘアトリートメントと同じように使用することで、ヘアケアを行うと同時に髪表面にカラー料で着色することができる商品です。

繰り返し使用することで徐々に白髪が目立ちにくくなっていきますが、反対に使用を中断するとシャンプーの度に色が落ちていきます。

 

ヘアカラートリートメントは、半永久的に染まるといいものではないのですが、最近では結構色持ちがする商品も出てきています。

 

おすすめのヘアカラートリートメントは「マイナチュレ」です。

「マイナチュレ」は、髪・頭皮にやさしい白髪用のカラートリートメントです。

4つのオールインワンケアという新発想で白髪を染めます。

白髪ケア、スカルプケア、ヘアケア、エイジングケアで使うたびに美しい髪に染まっていきます。

白髪染めで、アレルギーが心配な方は、一度試してみては如何ですか。

白髪染めでアレルギーを起こさない方法をご存知ですか?

白髪染めでアレルギーを越してしまった経験はあるでしょうか?白髪染めをして、頭皮にピリピリした刺激を感じたり、痒みや赤み、腫れなどの症状があれば、それはアレルギー反応です。また、染めた直後はなんともなかったが、しばらくして、急に抜け毛が増えたといったケースもアレルギーなのです。一度、アレルギー反応を示した人は、2度とそのカラー剤を使用することが出来ません。そこで、白髪染めでアレルギーを起こさない方法についてお話します。

→「白髪染めでアレルギーを起こさない方法をご存知ですか?」の続きを読む

白髪染めでヘナを使えばアレルギーは起こらない?その真相とは?

ヘナとは、インドや中近東などの熱帯地方に多く自生する、ミソハギ科シコウカという植物を粉末にしたものです。ヘナには、ローソニアという色素成分が含まれており、髪の主成分であるケラチンにからみ付く性質があり、この作用で髪がオレンジ系に染まるのです。では、白髪染めでヘナを使えば安心なのか?アレルギーは起こらないのか?その真相についてお話します。

→「白髪染めでヘナを使えばアレルギーは起こらない?その真相とは?」の続きを読む

白髪染めでアレルギーにならない!美容院がやっていること!!

美容院で白髪染めをやてもらうと、ほとんどの方はなのも肌に異常を感じません。自宅で染めてときは、頭皮の赤みや、かゆみなど、アレルギー反応がでるのに…。では、美容院では、どんなやり方で白髪染めをやっているいのでしょう。そこで、美容院がやっている白髪染めアレルギーについてお話します。

→「白髪染めでアレルギーにならない!美容院がやっていること!!」の続きを読む





このページの先頭へ