白髪染めでアレルギーを越してしまった経験はあるでしょうか?

白髪染めをして、頭皮にピリピリした刺激を感じたり、痒みや赤み、腫れなどの症状があれば、それはアレルギー反応です。

また、染めた直後はなんともなかったが、しばらくして、急に抜け毛が増えたといったケースもアレルギーなのです。

一度、アレルギー反応を示した人は、2度とそのカラー剤を使用することが出来ません。

そこで、白髪染めでアレルギーを起こさない方法についてお話します。


<目次>
・白髪染めでアレルギーを起こさない方法とは

・パッチテストを行なわなくてもよい白髪染め!

・頭皮にやさしい!おすすめのカラートリートメント!!

 

白髪染めでアレルギーを起こさない方法とは

白髪染めで、アレルギーを起こさない方法ってあるのでしょうか?

アレルギーは、無害であるはずの抗原に対する免疫反応によって引き起こされる疾患です。

自身の体が、抗原に反応しなければ、アレルギーは起こりません。

 

比較的、敏感肌や、肌の弱い方にアレルギーは出やすいですが、敏感肌や、肌が弱いからといってアレルギーが起こるとは限りません

逆に、肌が強い方に、アレルギーが起こったりすることが多々あります。

 

白髪染めで、アレルギーを起こさないようにするには、パッチテストを行い、アレルギー反応が出ないかどうか確認することしかないのです。

パッチテストのやり方はこちら→アレルギーにならない!正しいパッチテストのやり方とは?

 

パッチテスト個人で行うことも出来るのですが、専門のお医者様に判断していただくのがベストだと思います。

アレルギーがあるかを厳密に知りたい方は、面倒でもぜひ、一度、皮膚科のパッチテストをお勧めします。

 

では、パッチテストを行なわなくてもよい白髪染めってあるのでしょか?

次の項でお話します。

パッチテストを行なわなくてもよい白髪染め!

パッチテストを行なわなくてもよい白髪染めといえば、ヘアマスカラとヘアマニキュアです。

ヘアマスカラもヘアマニキュアも直接髪にコーティングするので、頭皮に薬品が触れることはありません。

ですから、アレルギーは起きないのです。

しかし、ヘアマニキュアは、髪表面に着色剤をつけるだけなので、色落ちは1回限りです。

また、ヘアマニキュアも、染料がキューティクルの隙間から毛の内部に入り着色しますいが、色持ちは2~4週間と短いです。

さらにデメリットして、ヘアマスカラは、白髪が多い方には不向きです。

ヘアマニキュアは、コシがない髪のダメージになってしまう恐れがあるのです。

ヘアマスカラ・ヘアマニキュアとも、明るい入りは期待できないのです。

 

そこで、おすすめするのがヘアカラートリートメントです。

ヘアカラートリートメントは、パッチテストを行なう必要はありますが、植物由来原料を使って、しかも無添加ですから、髪、頭皮にやさしい白髪染めなのです。

ですから、アレルギー反応も出にくいのが嬉しいです。

それでは次の項で、おすすめのカラートリートメントを紹介します。

頭皮にやさしい!おすすめのカラートリートメント!!

 

白髪染めで、肌トラブルに悩まされてる方に嬉しい商品が、白髪染め「マイナチュレ」です。

白髪染め「マイナチュレ」の染料は、塩基性染料とキューティクルの隙間から入り込み内側から発色するタイプのHC染料を使用し、より艶やかで高彩度な髪色に仕上げます。

さらにアシタバ葉やウコン根などの天然染料も配合し、気になる色落ちを防ぐ褪色効果もあります。

また、酸化染料、タール色素、鉱物油、シリコーンなど8つの無添加で、94%が植物由来原料のため肌が敏感な人にも安心です。

もっと詳しく「マイナチュレ」について知りたいなら!

こちら→「なぜ、白髪染め「マイナチュレ」は頭皮の弱い人に選ばれるのか?」





このページの先頭へ