白髪染めは、健康で色素がある髪もいったん脱色いして、同時に酸化染料を酸化させて染色しているのです。

その時に、髪の内部までしっかり脱色する過酸化水素水が、頭皮に大きなダメージを与えるのです。

敏感肌の方はもちろんのこと、皮膚が強い人でもキシキシしたりヒリヒリしたりすることもあるります。

そこで、頭皮に優しい白髪染めについてお話します。


<目次>
・頭皮に優しい白髪染め!敏感肌の方に!

・頭皮に優しい白髪染め!カラートリートメント!!

・おすすめのカラートリートメントを紹介します!

 

頭皮に優しい白髪染め!敏感肌の方に!

敏感肌の方は、白髪染めに苦労されていることでしょう。

では、頭皮に優しい白髪染めってどういったものがあるのか、お話していきましょう。

 

まず、ヘナカラーです。

ヘナは天然自然成分のヘナの葉からつくられたヘアカラーですから、市販で発売されている、化学染料が一切使われていません。

デメリットもあります。

染めるのに時間がかかる、約3時間ぐらいは必要です。

後、髪がオレンジ色になってしまうのと、ヘナ臭いがするといことです。

また、天然素材だからアレルギーや肌荒れは大丈夫と勘違いしてはいけません。

必ずパッチテストを行なってから、白髪染めををしましょう。

 

次がヘアマニキュアです。

ヘアマニキュアは、髪の表面を染料でコーティングするので、染料を肌につけて染めないので、髪のダメージはありません。

デメリットは、明るく染めることはできませんし、カラーの種類も少ないです。

また、自宅で染めると、根元の部分が染められないので、白髪がすぐに目立ってしまうことも。

 

最後にカラートリートメントです。

カラートリートメントについては、次の項で詳しくは説明します。

頭皮に優しい白髪染め!カラートリートメント!!

では、なぜ白髪染めにカラートリートメントが良いのでしょうか?

カラートリートメントは、ヘナとヘアマニキュアのデメリット解決してくれるからです。

ヘナほど染める時間は長くないですし、ヘアマニキュアのように、根元が塗れないということもありません。

デメリットは、ヘナやヘアマニキュアのように、一般的な白髪染めより色の種類が少なく、明るい色添めは難しいです。

 

カラートリートメントは、ヘナよりも安心と言われています。

>商品にもよりますが、最近では天然の原料を使用し、無添加でつくられている商品もでてきています。

また、以前は染めまりにくいと言われていましたが、今は簡単によく染めるように、技術開発が進んでいます。

では、カラートリートメントを使うことで注意することはないのでしょうか?

 

一般的な白髪染めだと、どんな髪質やどんな状態でも、ある程度同じように染まります。

しかし、カラートリートメントは残念ですが、髪の質や状態によって染まりにくいことがあるのです。

ですから、できるだけ染まりやすくするために、髪を濡らしたり温めたりしてキューティクルを自然に開かせてあげる手間が必要になります。

特に乾いた髪に使用する場合、塗るだけではなく、洗い流すまでの間保温を続けることでよく染まるのです。

しかし、やはり一般的な白髪染めに比べ、染まりにくいし、色持ちもしません。

 

また、パーマヤカラーヘアーと併用しないことです。

パーマやヘアカラーの薬剤とカラートリートメントの染料は、あまり相性が良くないと言われています。

ですから、パーマやヘアカラーをした後は、約2週間程度間をあけてカラートリートメントを使用しましょう

では次の項で、おすすめのカラートリートメントを紹介します!

おすすめのカラートリートメントを紹介します!

 

カラートリートメントのメリット、デメリット説明しましたが、そのデメリットを克服してくれるのが、白髪染め「マイナチュレ」です。

白髪染め「マイナチュレ」の染料は、塩基性染料とキューティクルの隙間から入り込み内側から発色するタイプのHC染料を使用し、より艶やかで高彩度な髪色に仕上げます。

さらにアシタバ葉やウコン根などの天然染料も配合し、気になる色落ちを防ぐ褪色効果もあります。

また、酸化染料、タール色素、鉱物油、シリコーンなど8つの無添加で、94%が植物由来原料のため肌が敏感な人にも安心です。

もっと詳しく「マイナチュレ」について知りたいなら!

こちら→「なぜ、白髪染め「マイナチュレ」は頭皮の弱い人に選ばれるのか?」





このページの先頭へ